知りたい!脇の黒ずみ治療法それぞれのメリット・デメリット

メリットデメリット

肌荒れや肌の黒ずみは女性にとって、大きな悩みの一つになりがちです。

そんな中でも脇の黒ずみは、誰かに相談しにくい部位なのもあって治療法もわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな脇の黒ずみの治療法にはいくつか方法があります。

しかし、気を付けなければいけないのは、その治療法どれもがメリットと同時にデメリットも抱えているという事なんです。

そんな脇の黒ずみの治療法、それぞれのメリットとデメリットについて説明したいと思います。

脇の黒ずみの治療法として最初に思いつくのは、自分でクリームなどを使用するセルフケアではないでしょうか。

これは、美白クリームなどの美白効果のある化粧品を使用して行う治療法です。

美白クリーム

この治療法の最大のメリットは、自宅で手軽に出来るという事です。

定期的にクリニックに通って処置を受けるという手間をかけることもなく、自分の好きな時に処理が出来るのは他の治療法に比べて大きなメリットになります。

その他にも、治療にかかる費用が少なくて済むというのもメリットになります。

基本的にかかる費用は美白化粧品だけなので、処置に何千何万とかかる他の治療法に比べても格安です。

そんなセルフケアのデメリットは、症状が重度だと効果が無い事です。

市販の美白化粧品を使用するので、どうしても効果については限られてしまいます。

軽度から中度程度ならば美白化粧品でも効果が出ますが、重度になると効果は期待できません。

また、セルフケアでは短期間で黒ずみが治る事はなく、時間をかけて少しずつ白くなっていきます。

つまり、格安で手軽に出来るけど効果が限定的で、治るのに時間がかかるのがセルフケアという事です。

脇の黒ずみのもう一つの治療法は、美容皮膚科などがあるクリニックで治療してもらう事です。

クリニックの治療法としては、塗り薬による治療とレーザー治療、ピーリング治療などがあります。

レーザー治療

この治療法の最大のメリットは、重度の黒ずみでも治療が可能という事です。

クリニックならではの効果的な治療法を行ってくれるので、セルフケアでは治療できない黒ずみも綺麗になります。

また、レーザー治療などは短期間で効果が出るので、少しでも早く黒ずみをなくしたいという人にとっても、クリニックの治療は大きなメリットになります。

そんなクリニックでの治療のデメリットは、お金がかかるという事です。

お金がかかる

クリニックで行う治療法によっては、保険適用外になります。当然、その分費用もかかってしまいます。

治療法や回数によっては費用が1万を超えてしまう事もあり、とにかくお金がかかります。

つまり、短時間で重度の黒ずみも治療できるけど、とにかく費用がかかるのがクリニックでの治療という事です。

セルフケアとクリニックでの治療は、どちらもメリットとデメリットがあります。

少しでも早く脇を白くしたい、なるべくお金のかからない治療がしたいなど、人によって色々な条件があるとは思いますが、脇の黒ずみの状態やお財布具合を確認して、自分に合う治療法を選んでくださいね。

title『知りたい!脇の黒ずみ治療法それぞれのメリット・デメリット』参考:脇の黒ずみドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です